どんなお店にも一人はいる看板娘。多くの常連客がその娘を狙う中で、もしも期せずしてセックスできるチャンスが到来したら、そりゃあ我先にと挿入して当然だ。まあ、本人も潮吹きするほど悦んでるし、問題ないでしょ。