FANZAサンプル動画

セール中 女教師NTR 学年主任の妻が教頭先生と修学旅行の下見へ行ったきり… 岬さくら
【本格寝取られ大人ドラマ】修学旅行の下見へ行くことになった女教師である人妻・さくら。陰湿的でむっつりな人が多い教職の世界で、相部屋になった教頭もまた例に洩れなかった。初めはレ●プまがいに寝込みを襲われたさくらだったが、教頭のSMチックで変態的な世界に飲み込まれ、1泊2日という短い時間であっという間に快楽の世界へ堕ちていく…。
ユーザーレビュー
平均評価 4.35点
総評価数 34(10件のコメント)
  • 岬さくらだからこその星5つ
    岬さくらの学年主任を担う教師役は堂にいったもので精力的に仕事と向き合ってる様子が感じられる。教頭役の男優も寝入った岬さくらの浴衣をゆっくり剥ぎ、起こさないよう慎重に下着を脱がしていく様には緊張感で手に汗握る思いだ。だが物語というのは因果推論が要であるにも関わらず、教頭と女教師が情欲に溺れる要因があまりに希薄である。 だから主人公の設定が肝心なのだ…特に岬さくらは仕事に没頭し、それ故に夫とのすれ違い不協和音、更に一年以上レスなところを教頭に付け込まれてしまう…冒頭の夫との携帯でのチンケな会話など不要であり、空閨が続く私生活の現状の演出が絶対に必要なのだ。 また本作のメインイベントであるSMプレイがあまりにも陳腐で消化不良を起こしてしまいそうだ。特に何で男優がパンツ履いてるんだ?帯で岬さくらを鴨居に吊るしたのなら氷遊びからの激しい性行でしょ??吊るされたまま情欲に果てる岬さくらの非日常の姿が見れるのかと期待していたのだが…いきなり翌朝を迎えてお互いスーツに着替えてチェックアウトするのかと思いきや、全く意味不明なSOXが開始される。いったいなんなの?はっきり言ってこの部分をばっさり切り落として夜のSMや諸々のプレイに重きを置いた演出をするべきであった。 これでは教頭のしょうもない身の上話で絆されてのお情けSOXではないか。情けなさ過ぎる。 しかもこの作品がシリーズ化しており、これまで錚々たる女優さんが出演してるのにある意味驚いた。誰もが見ても名作だと思われる作品や人気を博した作品ならシリーズ化もありだが、この作品がシリーズ化してる意図が理解出来ない。 しかしそんな脚本であっても、岬さくらは教頭への同情や慈しみ、複雑な感情表現をこなしつつも飽くまで自然に絡み合うところは見事であり、色々な意味で一見の価値がある作品に彼女が仕上げてくれている。他の女優さんの作品は見てないが、凡ゆる面から察するに多分シリーズ内では岬さくらの作品が群を抜いていることだろう。
  • 色気が半端ないって
    前作の逆NTRから一転、今回の新作は教頭先生に寝込みを襲われてしまうという作品でしたが、やっぱりさくらちゃんは色気がすごいなと今回も思いました! あと、表情や声がとても良いので、NTRも逆NTRもジャンルを問わず、何をやっても器用にこなしてしまうところがすごいです! 買って損はないなと思える女優さんだと思うし、さくらちゃんの新作が出るたびに楽しみだなと思えます。 SNSでは可愛いってよく思うけど、作品を見るとSNSとは雰囲気が一気に変わって、色気がぷんぷんしてエッチな感じに変わる姿がたまらないし、好きです。 来月の新作も楽しみにして、待ってます!!
  • 色々なシチュエーションの岬さくらさんを楽しめる
    他のレビューワーの方が書いているように色々なシチュエーションの岬さくらさんのエロが観賞できる作品。 最初の絡みは無愛想な教頭先生からのレ●プ、見ていたらこの教頭を殴り倒したくなりますね! 2回戦目はビデオカメラを使ってのハメ撮り風、ドラマ作品には珍しいカメラワークで楽しめます。 3回戦目はお互いに求め合っての濃厚な絡みと、それぞれタイプの異なるS○Xが披露されています。 それらの合間に、温泉でのフェラから口内○精、目隠しと両手拘束でのソフトSM風と、こちらも趣の異なるシーンを見ることができます。 岬さくらさんの演技が上手です。レ●プされるも相手が教頭先生ということもあり、あからさまに拒否するのでは無く何とかやめてもらおうとする微妙な抵抗感が上手く表現されている。また拒否するも中○しされてしまったあとの悔しさの表情も上手です。 翌日になって前夜の行為中に夫からあったであろう着信記録をみて、背徳感を感じている表情もいいですね。 教師ということもあり一見地味目の衣装ですが、実際に先生ではありえないほどのミニスカート姿が、脚の長い岬さくらさんにとても似合っています。また浴衣姿もとてもお綺麗でした。 1本の作品に色々な要素を詰め込んだオムニバスのような作品でした。
  • 外国人のレビュー:岬さくら美咲さくらさんの6番目のAV.
    正直、プレビューを見たとき、これはBDSM映画だと思いました。 この映画の撮影中にさくら美咲さんが怪我をしたのではないかと心配でした。 第一印象が間違っていてよかったです。 さて、映画について。。。 この映画のシネマトグラフィーの品質を称賛したいと思います。 場所、設定、気分とトーン、素晴らしい俳優。 まるでJドラマを見ているような気分でした。 これはAVであり、プロットは非常に単純であることを私は知っています。 誰もがセックスシーンを期待しています。 しかし、私はそれらのシーンにつながるストーリーと質の高い演技の量を賞賛したいと思います。 一緒に出張中の孤独な二人。 どちらも疲れていて、何かを切望しています。一緒に部屋を共有する。 それは実生活では危険信号です。 問題のある奇妙で悲しい男性の先輩。 彼女自身の問題を抱えた熱狂的で素朴な部下の女性。 クラシックなAV素材。 ネタバレを避けるために、セックスシーンについてグラフィックになりたくありません。 各シーンが異なる強度で再生されたとしましょう。 抵抗がありました。 それから受け入れがありました。 さくらさんのパフォーマンスについて。 彼女はこの映画で素晴らしい演技のスキルを示しました。 彼女は生まれつきの女優です。 彼女の予想されるシーンのために。 再びネタバレを避けるために。 長年熱心なAVファンとして。彼女が「スキル」を持っていると私が言うとき、私を信じてください。 さくらさんの以前の動画を見たことがない方。 AVパフォーマーとしてのさくらさんが進化したと自信を持って言えます。 私は畏敬の念を抱いています。 映画の予告編は最高のシーンを示していなかったので、AVファンがこの映画を購入することを強くお勧めします。 彼女の美しさ、カリスマ性、そして彼女の演技スキルに恋をする 彼女のテクニックへの欲求。 彼女は爆弾です。 彼女はこの業界の内外で彼女の前に明るい未来を持っています。 MEYD-655に関する私の推奨事項は? あなたの特別な誰か(ガールフレンド/妻)と一緒にこれを安全に見ることができます 物語のほかに、 テクニックは非常に教育的です。 最後に、さくらのMEYD-655を応援してください。 DVDおよびデジタルダウンロードバージョンで利用できるようになりました。 海賊行為にノーと言ってください。
  • 優しい人
    岬さんの最初のSEXの際、腕や脚をそっと払われたりしたら普通は起きるだろうに、就寝している演技を見事に演じきっていた所は流石と思いました。 2回目のNTR、1回目NTRの4作目の男優さんの演技が激しめに思えましたが、今回の男優さんの演技は、教頭先生の役柄からか大人しく感じた気がします。 岬さんがSEXをされる際、嫌ですとは言っていても今回は拒否の様子が弱く、何度かSEX する度に笑顔が見られ、そのシーンを見る度に現実でも相手に気持ち良くなってもらいたいと思わせる様な自然な演技に魅力を感じました。
  • ソフトSM、ハメ撮りに初挑戦。NTR女教師がイキまくり。
    岬さくらさん、6作目は女教師NTR。演技もすっかり板についてきました。女教師、上司部下、寝取られ、温泉旅館、寝てる女子へのいたずら、ハメ録り、ソフトSMと大興奮要素、満載です。 本作でのストレートヘアのさくらさんも素敵?真面目、清楚な感じのさくらさんも新たな魅力発見ですが、この先生、見かけに反してエッチです。そもそも先生がこんな短いミニスカート穿いちゃイカンでしょう?ほぼショートパンツです?そしてこの先生、めちゃ押しに弱い。何でも言うこと聞いてくれる超都合が良い女の子です。 冒頭の温泉入浴のシーン、さくらさんの美しい肢体が堪能できます。特に腰からお尻、脚にかけてのラインがきれい。もっとゆっくりきれいな身体をみていたい。このシーン、もっと長くてもいいんじゃないかなぁ? 2回戦目のハメ撮り風の絡み。教頭先生の主観目線で、さくらさんの身体、顔を至近距離で。 今回は、フェラがフューチャーされているのかな。どのシーンでも、さくらさんのねっとり、しっとりフェラが堪能できる。画面いっぱいに映るフェラ顔を見ていると、さくらさんに自分がフェラされているんじゃないかと錯覚する。フェラしてる顔はほんとにスケベな顔してる。特に69でクンニされているときの表情は最高でした。 目隠し、両腕拘束のソフトSMにも初挑戦。目隠しされながらの氷攻め。欄間から吊るされながら、悶えている姿はほんとにいい。 教頭先生、アイマスクやローションまで準備良すぎじゃないですか。部屋が一緒なのも教頭の手引きなんじゃないかな。さくら先生も満更ではないみたいだし。タイトルの『行ったきり...』のとおり、たぶんこの関係一度じゃ終わらないですね。
  • さくら先生の教頭先生に最初に襲われるときの抵抗がリアルで最高?
    教頭先生が奥さんを思い出しながらハメ撮りをするシーンは普通の撮影とハメ撮りを合成していて新しい感じがしました!さくら先生が暑いって言いながら浴衣が開けるシーンはめっちゃ色っぽくてリアル感があって犯したくなりますよね(笑)何故アイマスクとローションがあるのかはわからないけどだんだんさくら先生が教頭先生に柔順になっていき教頭先生に言われたとおりに従うシーンはさくら先生の優しさがにじみ出ていますよね!さくら先生が教頭先生の乳首を自分の指を舐めて触りながら、騎乗位をしているシーンはなんとか教頭先生にも気持ちよくなってもらおうとするさくら先生の優しさの現れですよね?さくら先生の演技力は凄いね?最初に教頭先生にも襲われるシーンではさくら先生はめっちゃ抵抗して見ていても教頭先生が必死に頑張って汗をかいているを見て男優の大変さを感じましたが、その後はさくら先生はアクティブに行動し、気持ちよさそうなさくら先生の顔を見ると思わず興奮してしまいました!これからもさくら先生、岬さくらを応援しますのでよろしくお願いします?初めて投稿しました!
  • 憂鬱な日常から離れた人妻女教師(清楚系美人)が出張先で乱れまくる
    冒頭のナレーションの女優の声の演技が素敵で、主人公の生真面目さと、学年主任として、周囲からのプレッシャーに押しつぶされそうになりながら、忙しく働く日常の憂鬱さと気だるさを、とてもうまく視聴者に伝えている。   女優は、はじめは無理矢理迫ってきた教頭に徐々に惹かれてゆき、行為の内容が変わっていくところを演じ切っている。脚本は。。。   印象に残ったシーン。   日が明るいうちに温泉に入るシーン。全体のスタイルのよさ、脚の長さ、形のよいお尻、そして見逃されがちな豊穣なおっぱいの形のよさ。。。美しさが際立つ。   出張先で、手違いから同じ部屋に泊まることになった教頭が、主演女優に魅入られて、寝込みを襲うシーン。女教師が教頭をなだめつつも、最後まで拒絶し続ける。フェラを断られた教頭は女教師を無理矢理貫くが、女教師は抵抗し続け、最後は女教師の抵抗を防ぐために座卓と挟み撃ちにして、女教師を後ろから責める展開がリアル。   交わった後の夜の温泉で、体を清めようとする女教師の前に再び教頭が現れ、女教師に頭を押さえつけて、フェラチオを強●する。「人が来るといけないから」という身勝手な脅し文句で、積極的に射精まで導くことを迫る。口内発射の後に精子を吐き出した女教師の左目から一筋の涙が。   再び夜の部屋。人間関係を保とうとする女教師の受容的な態度に乗じて、身の上話を始めた教頭に、女教師は心惹かれて激しい一夜に。女優の頭や唇や舌の動きによる積極的なフェラ。騎乗位や背面座位での積極的な動き。SMチックな交わりがあると思いきや、途中でシーンがカットされる。   一夜明けての情事。求められるままに、自らも求めながら貫かれて、昇天する女優は美しい。最後のシーンではフェラチオでの手のトルネードも加わる。貫かれているあいだも、「すごい」「すごく大きい」「すごく気持ちいい」。教頭が羨ましい。   気だるい日常からの解放が作品全体の基調となっているが、この作品を通じて視聴者が経験するのも、コロナ禍のために、生活に彩りが乏しく、不安になりがちな日常からの解放だろう。   これまでの作品で、主演女優は色々な役を通じて、いろいろな表情を見せてきた。明るさ、可愛らしさ、後ろめたさ、メランコリックな雰囲気。次回作以降では、キャピキャピした飛び跳ねるような女の子の表情も見てみたい(JKものとか)。
  • 今回は好きなシーンが多かった!!
    NTR物でも安心して見れました。 からみのシーンは私の好みが多かったので良かったです。 岬さくらさんがもっと好きになりました。 次作も期待しています!
  • すごく綺麗
    岬さくらさん、すごく体が綺麗。おすすめ。 こんな美人さんと旅行いけたらな...