FANZAサンプル動画

セール中 人妻秘書、汗と接吻に満ちた社長室中出し性交 最高級の美魔女が贈る極上の接吻《中出し》傑作ドラマ!! 愛弓りょう
『地味な事務希望の人妻も磨けば最高の秘書になる。』怪我をした夫の代わりに働こうと小沢のもとへ面接に来た妻のりょう。普段眼鏡をかけた地味なりょうだったが小沢は彼女の秘めた美しさに気づき、経理を希望していたが高額の報酬で秘書になる事を勧めた。「秘書=愛人」が条件だったが生活の為にりょうは受け入れると小沢の指示で眼鏡を外し身体のラインを強調させたスーツを纏って、社長室で小沢との淫猥な日々を過ごし…。 特集 ライブチャット 若妻・熟女と楽しめる人妻チャット!最新作やセール商品など、お得な情報満載の『Madonna』はこちら!
ユーザーレビュー
平均評価 4.15点
総評価数 34(10件のコメント)
  • シリーズ最高の出来
    小沢社長の変態性が売りだったシリーズだが今作は内容が変わってきて旦那しか知らない従順な地味な人妻を調教して自分好みの女に仕立て愛人にする内容。りょうさんが見事にその役を演じている。面接時の自信のなさそう表情をしてうつむいて弱々しく喋る感じや秘書になってからの凜とした佇まいで喋るところなんかは演技が上手いなと思う。そして何よりもキスシーンがシリーズ最高の出来だと思う。りょうさんと小沢の演技を通り越した魂のぶつかり合いようなものだった。これぞ本気の接吻。凄いの一言に尽きる。また最後の絡みも濃厚でガチそのもので見てる側に本気度がひしひしと伝わってくる内容で、りょうさんのイッタ時の顔が今まで見たことがないくらい崩れていて見応えあり。あとりょうさんが小沢社長に導かれどんどん美しくなっていくのもいいですね。最後の口紅を塗るシーンがそれを端的に表していると思う。妖艶で美しくゾッくとくる。もうたまりません。ながえ監督の演出、ストーリーの内容、りょうさんと小沢の演技力、どれをとっても良く見応えあるAVになっている。買って損はないと思う。
  • あと、どうするの?
    これ以上の展開このシリーズに求めるとしたらなんだろう? 旦那にバレずに托卵出産、自分の子と思い喜ぶ 2人目も社長の子とか、、、
  • 社長と接吻
    愛する夫の為に他人に捧げた身体はいつしか心を裏切り肉棒を欲していた。美魔女の接吻と至極の中出し性交!
  • 希望
    愛弓さんのスプラッシュ作品が見たいです! 女優さんは素晴らしいのですが、もう少し過激な絡みが見たいです!
  • 官能ドラマだなあ...
    AVにしては完成度が高い。肢体不自由な旦那を尻目に性欲社長のいる会社に就職したのが彼女の性欲を開花させた。残酷だけど出来栄えに問題なくヌケ田。ストーリーは単純だが細部がしっかり撮影されています。
  • ながえドラマ
    ながえ監督の人妻秘書シリーズに愛弓りょうさん(旧:三浦歩美さん)出演です。 このシリーズはこれまで鑑賞してきました。 基本的な流れは一緒ですが、微妙にお綺麗で妖艶な愛弓さん用にアレンジしているように感じ、その点も良かったです。 何と言ってもこのシリーズは小沢社長とのディープキス(接吻)です。 小沢社長の役どころも全てを自分のものにしないと気がすまない社長気質がしっかり描かれている点もさすが、ながえ監督と感心しました。 おすすめです!!
  • キスがエロい
    ねっとりキスがたまらなく最高です。唇と歯茎の間をベロベロするシーンが興奮しました。アップで見ても綺麗なお顔ですね。
  • 相変わらず美しい
    三浦歩美から愛弓りょうに改名して、さらにパワーアップ 流石、業界でイチニを争う美しくバランスの取れた身体。 SNSでも人気の彼女、ドンドン新作をお願いします。
  • 社長秘書が最も似合う女優
    スリムで上品・知性的な愛弓りょう、泥臭くてセックス上手とはいえないが現実性のある 小沢トオル社長と息がピッタリ、本シリーズの最高傑作でしょう。 迷わずブルーレイを購入しました。 本作を超えるとしたら、チャレンジャーは北条麻妃しかないと思います。 なお別の方も指摘されている、赤っぽい光の中でのカラミは女優の美肌が賞味できません。 マドンナは別作品でも、赤茶けた照明でブチ壊しのカラミが数あり、イカンに存じます。 愛弓りょうは格別な雰囲気があるので、出演作を吟味して大切に使って欲しい。 次は「会社も、妻も、奪われた」に出演を期待。
  • 文句無く。
    私的には、シリーズ最高傑作と称したい。 少なくとも、登場人物の役柄、設定、冒頭からのプレイ進行の絶妙さ、愛弓りょうさんの的確過ぎる速度での変貌、社長の心情・性癖・嫉妬・狂気、部下の介入、愛弓りょうさんの談笑風景、愛弓りょうさんの覚悟・罪悪感・”女”としての矜持・”妻”としての矜持、と全てが良い塩梅で描き出され、どの登場人物も映える上に”悪人”が居ない(あくまでも、全員自らの心情・事情で動いている)というオチなので、エンディングから紡ぎだされる未来も”しがらみ”があれど、愛弓りょうさん演じる妻が嘆かないものと感じ取れる。 何があって、過去作のツッコミ待ちの様な構成から変更することになったのかは定かではありませんが…この構成で他の女優さんの作品も観てみたいと思ったのは確かです。 それほどに、愛弓りょうさんの演技が素晴らしかったと賞賛したい。 : ただ、次作の流れを観ると、以前の構成に戻し、”和姦”の展開が観て取れたので、何やら迷走されてる様な不安感は、シリーズ構成に残ったままになりそうで残念です。