FANZAサンプル動画

セール中 今日、あなたの上司に犯●れました。 佐山愛
人妻凌●本格ドラマ作品第7弾は、専属Hカップ佐山愛!社内恋愛の末、結婚した「愛」に想いを寄せていた上司から、夫の留守中、自宅で犯●れてしまう。寝室に盗撮器を仕掛けられ監視されたり、2人の旅行先の別荘まで上司が現れ汚される!その卑怯な手口にズルズルとハメられて、気がつけば上司の愛撫や肉棒に感じるようになっていく。喘ぎを耐える愛だが上司に激しい愛情に新たな感情と快感が芽生えてしまう…。 特集 ライブチャット 若妻・熟女と楽しめる人妻チャット!最新作やセール商品など、お得な情報満載の『ムーディーズ』はこちら!
ユーザーレビュー
平均評価 3.91点
総評価数 11(6件のコメント)
  • コトバの破壊力
    寝取られ作品では寝取り男に対して寝取られた女性が「愛してる」とハッキリ言うことは案外少なくて一種の不文律のようですらありますが、本作ではそのコトバが演出上のキーワードになっていて、最後の絡みでは「愛してる」が効果的に多用されます。このコトバの破壊力が佐山愛さんの演技とあいまって実に強力で、心変わりのコントラストを際立たせてくれます。3時間の長編ですが良作でした。あと好天に恵まれたロケシーン(富士五湖と小山町のスタジオ「ソラナ」?)がすごくキレイで思わず見入ってしまいました。
  • 惜しい!!けど良い!!
    今までタイトルで食わず嫌いしていた本シリーズ。サンプル動画を試聴して購入したが、今作と秋山祥子主演の過去作のプロットに関しては寝取られ好きにとってはなかなかクる物がある。尺も180分とたっぷりある為、人妻が上司に堕ちて行く過程を丁寧に描けている。過去作の反省点も生かして、(夫役にまともな演技が出来る人物を起用、何故そこに上司が居るのか、等。)ドラマ部分に関しても過去作に比べクオリティが向上してる点にも好感が持てる。本プロットの間男(上司)は終始、人妻に愛をささやくのだが、しかしながらただ結局、最後には間男(上司)のエロ技に屈してしまった好きモノ人妻との印象が拭えない為、ラスト絡みの前に、上司に決定的に心を持っていかれる演出、及び、決定的に夫から心が離れていってしまうと言う様な演出があると一層説得力がある作品になると思われる。ラスト絡みで人妻の上司(間男)の呼び名が「部長」から「戸川さん」になったコトに監督の寝取られジャンルに対しての理解を感じた。反面、夫の反応、リアクションが淡白過ぎる。人妻に至っては夫の存在すら認識してない様。もう少し手を加える事は出来なかったのか?折角、「夫との子供が出来れば部長も諦めてくれる。」と言う伏線があるにも関わらず、何故ラストは外出しなのかと。そこは人妻から間男(上司)との子供を求めて中出しじゃないんですか?と。更に拘るならエピローグは身重の人妻で、間男(上司)の「やっと正しい道、選んでくれたね。」の台詞のあとに人妻には「あなた」なり「○○さん」と下の名で呼ばせるなり、更に一歩進んだ関係を感じさせる演出が必要じゃないんですか?と。評価は4点。散々不満点を述べたが、決してネガティブな評価ではなく今後の伸び代に期待しての評価。寝取られ好きユーザーには一度観て欲しい作品。
  • 筋書きのあるドラマ仕立て
    佐山愛の背徳感の表情が良かった。それに男優・戸川夏男の迫真の演技に圧倒された。 ストーリーは上司に妻を完璧に寝取られ、”ぐうの音も出せない夫”という展開に悲愴感が良く出てた。 ”妻と上司が自宅で愛し合ってる場面に遭遇した夫”、もう一つ何か工夫して欲しかった。 ラストシーン湖畔の桟橋での逢引き、妻が上司の情婦になったという証が見て取れた。
  • 魅せ方が上手な女優!
    佐山愛さん、エロいです。 夫を愛し、甲斐甲斐しく世話をする可愛い奥様ぶりなのに、部長役の戸川に犯られている時は、本当にエロエロの「イイオンナ」に豹変する。 演技力や魅せ方が上手な女優である。 揺れるHカップが艶かしい。 執拗に佐山愛を付け狙い求愛し、夫婦の寝室に盗聴器を仕掛けて監視までする、完全ストーカー状態の戸川のイカれっぷりが怖くていい。 こういう寝取られドラマでは、いつもながら夫役は大根と決まっているが、今作はマシな方である。 それでも、こんな男に佐山愛は勿体無い、というレベルではあるがwまあまあ、キチンと演技らしきことはしてくれた。 ただし、寝取られた妻が夫への愛や背徳感を抱きながら、身も心も堕ちていくという描写については、もう少し細やかに作りこんで欲しかった。 それでも佐山愛さんのエロさ(と、戸川の怪演?)で十分カバーできる作品だと思う。
  • 強いオスの力に魅かれていく人妻
    まずこの作品に登場する上司が、この手の作品にありがちな、 「言うこと聞かないと旦那を破滅させるぞ」みたいな脅しを かけないのが個性的な脚本である。彼はあくまでオスとしての力で 夫に勝ち、人妻を奪おうとする。そして人妻がメスとしてオスの力に 屈服していく姿がこの作品の醍醐味になっている。 最初のレ●プ未遂シーンの演出と演技が既にレベル高め。 強引に体をまさぐられ、胸をはだけられた人妻が手で隠そうともせず、 口では拒みながら、オスの野性に犯●れることを体が望んでいるのを 否定できなくなっていくインモラルさが脚本の方向性を予感させる。 理性ではあらがえないメスの本能に人妻が次第におぼれ、 ついには「私の男はお前じゃない」とばかりに夫を捨て、 より強いオスのものとなるラストまで一直線にブレがない。 モラルや夫への責任感と本能の葛藤を演じる女優の演技力も素晴らしい。 全体的に完成度が高かっただけに最後の本番が貧相なアゴ射に 終わってしまったのが、いかにもAV的で安っぽい。メスの本能の究極は 強いオスの子供を産むことなのだから、そこは中出ししかありえなかった。
  • 本格ドラマ仕立て
    前作の子供騙しドラマにツッコミ入れたくなっていたところの本作ですがここまでしっかりした寝取られドラマなら現時点では素晴らしい部類に入る作品です。役者の演技も合格です。ただファーストレ●プを未遂とするのであれば服を脱がす前で終わって欲しかったです。