セール中 強い女を力づくで●す 婦女暴行
生意気で、負けず嫌いで、強情な女…強がれば強がるほど犯したくなる!男の大きいモノをブチ込まれ、大人しく真っ赤な顔してこらえる姿が堪らない!あぁ、なんて女はイヤらしい生きものなんだろう…。
ユーザーレビュー
平均評価 3.97点
総評価数 37(10件のコメント)
  • 今までで最上の作品
    婦女暴行 強い女を力づくで●す エピソード1の東城えみ 空手の指導役で登場するが、相手の生徒役の男に勝負とばかり挑むが『所詮女は力で勝てない』見ている者も彼女自身もそう思った瞬間、太い男根が容赦なく彼女の股間を責める。圧巻はセックスの見せ場をふんだんに捉えている処。(感じてはいけない!)そう思いながらも自然に自然に盛り上がる体だ。逝く逝くという正に在り来りの見せ場ではない。犯●れている彼女の横顔のアングルといい、この映像を見ている女性もきっと彼女のように本物の逝く~を感じさせてくれそうだ。今までにない映像ではっきり言って永遠に記録すべき作品で何度見ても抜ける作品だ。 これ以上の作品にお目にかかることがあるだろうか。
  • 女優も男優もカラミに演技に力が入ってよかったね?
    東城えみ : 柔道をしていたとは思えないが、彼女は何らかのスポーツをしていたことは確実です。体がスリムだけでなく、腹筋などかなり引き締まった骨格になっている。柔道の押さえ込みから強●になるシーンについても、男優が手加減しないで押さえ込むカラミがかなりの臨場感を醸し出している。また、合意のSEXでもアクロバット的な体位でのSEXが見物です。 藤本ちさと : この作品は、ヤクザの姉御が強●される内容になっているが、前作と同等強●シーンに他の作品と違って男優が本気で押さえ込み、女優も本気で怒鳴り本気で抵抗している演技が大変気に入りました。縛られてからの強●シーンも必見です。強●されても感じていない演技が良く本番さながらの雰囲気を持っており、最上の美人とは言えないが演技で十分リカバーできているお薦めの作品です。他のレ●プ作品とは隔絶した逸品です。3作目は書く余白がないので、ご免なさい。
  • 2作目がやはりいい。
    抵抗できないように縛って開脚して、じらして辱めているのが最高。ビデオに撮るなんて卑怯なこともしている。日活ロマンポルノ(婦人警官があんな風にされるのもあった70~80年黄金期)なみの迫真演技。3作目は「いたす」までが短すぎ。もうやっちゃったと言う感じ。1作目は壁にたたせてなめるところがなぜかよかった。
  • 参ったといえない強い女
    強い女の東城えみが3ヶ月の弟子にやられるシーンは最高です、演技力も金成あり見所いっぱいです
  • さすが
    レビューが高かったので購入したがあたりだった。この人はほんとに格闘家。
  • 藤本ちさとさん
    彼女の演技が最高でした。2人目の方です。3人目の警備員はみじかくてあっという間でした。
  • 最高
    多分1作目の空手の先生は従順で優しいM女に生まれ変わるでしょう。男の力には勝てないと気づいて
  • 私のツボです、これ
    元女子プロレスラー東城えみと怪優花岡じったの迫真の演技が私のツボにはまりました。 強い女である道場の師範役である東城を力づくで犯しながら言葉でいたぶるところが最高ですね。 「あの世界大会のビデオみましたよ。あの吹雪さやかをレ●プできるなんてね・・ハァハァ・・」 (はめまくりながら)「まいったか!まいったか!!」 「あー、くそぅ、あ~・・あ~っ」 「まいったか!!」 (悔しげに)「ああぁ~ん・・う~ん、くそぅ」 (誇らしげにピストンしまくり)「まいったか!どうだ!」 ・・って場面が強い女を無理やりにSEXで屈服させるという 私の妄想願望を満たしてくれました。 そういうのがお好きな方は見て損はないです。
  • 婦女暴行力強い女を力づくで●す
    3話ある中で第1話のカラテ女師範を●す話は 緊張感が途絶えず、マンネリ化のあるポルノビデオの中で 最近にない秀作。暴力的でもなく、見ていて楽しめる映像。 男優はレ●プ物が多いが、そのでかちんを今回はきれいに生かしている。このような作品を望む。 第2、第3話は平凡。
  • 哀しいメス東城えみ
    必死の鍛錬により体得した空手も花岡じったの圧倒的体格の前では無力だった。 じったの圧倒的力を身体で感じたことでしょう。 屈服し、犯●れてしまった後、トラウマのフラッシュバックシーンが映し出され、、 「何も出来なかったね、怖かったよね」と胸が締め付けられる。 空手の鍛錬を通して自信を持つも、花岡じったの体格にひれ伏し犯●れるしか出来なかった弱い自分を思い知らされた女東城えみちゃん。 あのトラウマの回想シーンには胸が痛めつけられる。 このままでは「空手で必死に鍛錬を積むも、花岡じったの圧倒的体格差にひれ伏し、何も出来なかった哀しい女格闘家」の汚名は拭いされません。 厳しい戦いになるでしょうが、臥薪嘗胆してリベンジを誓ってください。