FANZAサンプル動画

セール中 嫁が置手紙を残して突然の家出!『これからどうしたらいいんだぁ~』と落ち込んでいる僕を心配してやってきた義母が家に泊まることになったのだが…風呂上りにほぼ裸で家をウロウロする姿に思わずドキドキ、いつしか嫁を忘れて襲いかかり中出ししてた!! 4 KAORI
ある日突然、嫁が家出してしまった!途方に暮れているコウイチの元に義母が心配して家事を手伝いに来てくれた。コウイチは感謝の念を抱いたが、とんでもない光景に脳を揺さぶられる事態に陥ってしまう。なんと義母が風呂上りに全裸で目の前をうろついているのだ。ボンキュボンのセクシーボディにコウイチはたじたじ。視線を逸らして我慢するも、身体は素直に反応し、脳裏に邪な考えが浮かびはじめ…。 特集 ライブチャット 人妻フロアでキャンペーン中!最新作やセール商品など、お得な情報満載の『VENUS&熟女JAPAN』はこちら!
ユーザーレビュー
平均評価 4.17点
総評価数 6(4件のコメント)
  • またしてもシンプルにエロエロなKAORIさんがgood過ぎ!!
    KAORIさんのVENUSさんよりの単体作品は本作で通算12本目。 メーカーさん別の近年の単体リリース本数では最多となりました。 今回はKAORIさんが4人目の主演となるシリーズのドラマもの、圧巻の存在感でシンプルにKAORIさんらしさ全開です。 まず前半の一人入浴シーン、身体を洗うKAORI義母さんの素晴らしくセクシーなボディががナイスなカメラワークでグングンと迫ってきてドッキドキ。 そしてお風呂あがりに全裸でウロウロ、婿婿さんをわざと誘ってるのかよく解らない雰囲気…KAORIさん独特のキャラで絶妙な演技がgood過ぎ。 当然のように興奮した娘婿さんに襲いかかられエッチに突入。 最初は拒みながら結局感じちゃっての流れはもう鉄板で、エロな身体の動かし方や喘ぎ声がタマリません。 すっかり欲望に火がついちゃったKAORI義理母さん、後半は娘婿さんとエッチ三昧。 ハードな体位やハードなエッチシーンではないのに、本メーカーさんでのKAORIさんのエッチシーンはいつも大興奮、本作もまさに安定のエロさを魅せてくれました。 単純明快なドラマの流れ、尺の長さ、シンプルにエロエロなKAORIさん、まだまだ本メーカーさんよりのリリースを続けて欲しいと心底思える良作でした。
  • ムチムチボディを堪能できる良作!
    中だるみすることなく、KAORIの可愛い顔と熟れたムチムチボディを全編に亘って楽しめる。お買い得です。
  • 肉体のいやらしさはまさに今がピーク(絶頂期)
    90cmのEカップ女優「KAORI」主演による近〇相姦ドラマ。ある晩、突然家出した妻キョウコの「置手紙」を手に途方に暮れるサラリーマンの主人公「コウイチ」。連絡を受けた義母「カオリ(KAORI)」は、親としての責任を感じてコウイチの身の回りの世話を買って出る。夕飯の支度を終え、先に風呂に入るカオリ。その後、缶ビール片手にやけ酒をあおっていたコウイチの前に、風呂上がりでバスタオル姿のカオリが現れる。惜しげもなくEカップの巨乳をさらす義母。さらに、四つん這いで床に落ちたゴミを拾った瞬間、熟れたマ〇コがモロ見え。辛抱たまらなくなったコウイチは、裸の義母に襲いかかると、本能の赴くままにク〇ニ&手マン。「嫁」の存在をすっかり忘れた彼は、その「母」であるカオリをゴムなしの生チンでハメまくる。翌朝、昨晩のセックスの興奮が忘れられない義母は、まだ寝ているコウイチの肉棒を無断で咥え始める。数日後、キョウコからの電話で無事に仲直りすることとなった二人。もっとも、すでにカオリの豊満な肉体の「虜(とりこ)」となったコウイチは、義母との肉体関係(生中出し)を継続。嫁よりも先に義母に自分の子供を産ませるのは、ほぼ確実な勢いである。デビュー当時から比べて、だいぶ全体的に「お肉がついた」KAORI嬢であるが、そのおかげで「完熟ボディーののわいせつ度」は過去最高。おっぱいのボリューム感も熟女界では比類なきレベル。まさに今がピークの食べ頃である。
  • 続編も見たくなる作品
    もしかして某メーカーの「裸の家●婦」のスピンオフ作品ですか?と突っ込み入れたくなりました(…苦笑)。 もちろん冗談ですが、KAORIさんが素っ裸で家の中をうろつき回り、婿とセックスします!  家出した実の娘がいない間に婿を寝取るという、計画的犯罪であります(笑)。 内容は平凡で、これといった特長もありません。でも全裸のKAORIさんはタップリ拝めます!  あんなダイナマイトなエロい裸体が手の届くところにいて、どうにかならない男はいないでしょ(爆)。 その後、義母の体の虜になった婿はどうなるのでしょう? 嫁と元通り夜の生活で満足できるのでしょうか?  怖いもの見たさの野次馬根性で、続編も見たくなるような作品でした。