FANZAサンプル動画

セール中 教え子の押しかけ誘惑に負けた日…家出してきた巨乳J○と中出し懇願同棲生活。 さつき芽衣
教え子が家出したと押しかけてきた。「先生が泊めてくれなかったらその辺の男性に声かけて泊めてもらいます」仕方なく泊めた教え子が、お礼にと布団にもぐりこんできた。まさかこんな大人しそうな子が…次の日、帰らせたはずの教え子が料理を作って待っていて、いきなりお風呂に押しかけてきたり…白くきれいな肌、あらわになる大きな胸。これは反則だろう。さらに僕のワイシャツの匂いを嗅ぎながらオナニーを見せつけられて僕の理性は吹き飛んだ。「私が卒業したら…先生の彼女さんに立候補してもいいですか??」けど実は自分には婚約者がいて…「先生、愛してる…」教え子の秘かな恋心!巨乳教え子と中出し懇願同棲生活。 特集 最新作やセール商品など、お得な情報満載の『ナチュ/ダンディ/コスモス/ひよこ』はこちら!
ユーザーレビュー
平均評価 4.31点
総評価数 16(10件のコメント)
  • じっくり見てほしい大傑作
    大傑作。相当リハを重ねて作られた感がある。 最近やたらと増えてきた教師と教え子もの。教え子が先生を誘惑する作品は多いが、そのほとんどは絵に描いたような痴女でリアリティがない。 AVだからエンタメでいいのだが、こちらはかなりリアルな展開。ぜひじっくり見てほしい。 さつき芽衣の演技が素晴らしい。この子が実在すると思わせるくらいの説得力、役作り。こんないじらしい子に迫られたらどんな男も落ちる。 おまけに地味な眼鏡っ子なのに性テクはやたらとある。先生は「やめなさい」と体裁を繕うだけで精一杯。 JKながら身体はすでに熟している。豊満なおっぱいでパイズリ。いくら拒絶しても迫ってくる。地味ながら完成した大人の女である。 それにしても畑中さん演じるこの教師は「バレる」ことだけをひたすら恐れている。言うなれば、拒絶する他の理由は彼にはないのだ。 途中に出てきたのと同じカットが最後に再現されるという洒落た演出。さつき芽衣の「いってらっしゃい」がいい。すでに妻の佇まいだ。 こんな子なら人生を棒に振るリスクがあってもその愛に応えたいと思うもの。JKを性の対象としてではなく、愛の対象として描いている。 楪カレンの教え子ラブホ作品と見比べると面白い。あちらはあちらで実用性満点だと思うが、こうまで真逆の描き方があるとは。AVって面白い。
  • ☆1,000!地味エロの究極形AV
    地味エロの究極形AV。眼鏡女子が好み、幸薄い美人が好み、この作品は私の琴線に触れまくる名作。
  • 憧れの担任教師を「寝取る」巨乳女子校生の捨て身の中出し愛
    Gカップ女優「さつき芽衣」主演による官能ドラマ。ある寒い冬の夜、セーラー服姿でぼんやりと街角を歩いているヒロインの女子校生「サツキメイ(さつき芽衣)」。赤いメガネ姿の陰気な文学少女である。虚ろな表情の彼女が向かった先は、中年の担任教師が住んでいるマンションの一室。「家出の理由」を聞かれたメイは「先生、一晩泊めてもらえませんか?」と頭を下げるのみ。一度は断った中年教師であったが、「なら、大丈夫です。そのへんの男性に声を掛けて泊めてもらいますので」と言いくるめられ、慌てて行き場のない教え子を「やれやれ」と受け入れる。「待ちなさい。何をしてるんだ!」「泊めてもらった『お礼』です」「自分が何をやってるのか、分かってるのか?」「オチ○チン、触ってます」先生から借りた男物のパジャマ(ノーブラ)をゆっくりと脱ぎ捨てると、少女には不釣り合いなGカップの巨乳をプルルンと露出する。さらに中年教師のズボンをパンツと一緒にガバッと奪い去ると、強烈なフ○ラチオでビュルビュルと射精させる。いつ誰に仕込まれたのか、明らかに「普段からチ○ポ慣れしている」咥え方である。翌日、さすがに「これ以上は匿えない」と本格的に教え子を追い出そうとする先生。「唯一安全な隠れ家」を確保するため、入浴中の中年教師をフ○ラチオとパイズリで誘惑するメイ。「私、先生のこと、好きになっちゃいました」彼女の真っ直ぐな想い(とGカップのおっぱい)に心(と股間)をギュッと鷲づかみされた担任教師は、「絶対に内緒だからね」と正常位で勃起チ○ポをずぶりと挿入する。対面座位・騎乗位・バックを経て、フィニッシュは少女のトレードマークである赤いメガネへ発射。後日、独身だと決めつけていた担任教師が「婚約中(相手は同僚の女教師)」である事が発覚するが、それがかえってメイの「嫉妬心」と「略奪願望」に火を点ける。わざと自分が妊娠するようにナマ挿入の「中出し」をおねだりするメイ。「先生、中に出してくださいっ・・・好きぃぃぃぃ」精子まみれのマ○コをニヤリと確認すると、右手の中指であふれたザーメンを再び膣内へかき集める。「いってらっしゃい」エンディングで担任教師が出勤する姿をそっと見送るメイの姿(ハイリスクな同棲生活は継続)は、まるで「出産を控えた新妻(学生妊婦)」のようである。
  • 私たちが思い描く理想を 煮詰めたような初期の「さつき芽衣」像
    着させられたようなセーラー服、重たい質感の黒髪 光彩は大きく地味メガネが映えるよう化粧はナチュラルに。 これこそが私たちが思い描いていた「さつき芽衣様」そのものでした。 決してあか抜けておらず、まだ何色にも染まっていない。 そんな男性の理想をそこはかとなく醸し出しており、虚ろな瞳でぎこちなく先生に摺り寄るいじらしい姿も古風で愛らしいとさえ思えてしまう。 しかしプレイは強かに積極的で、身体だけが豊満に発達したこのギャップが今作品の持ち味でもある。 教師-生徒の道ならぬ恋であったとしても、この誘惑には勝てず一線を越えざるを得ないという説得力を持たせる。作品に包括される雰囲気はやや少しの背徳感と、年下女子に慕われる心地よさで此方の胸がいっぱいになりそうとでも言おうか。 一種の青春(性春)を切り取ったような今作。 以下要旨 1家出した生徒(メイ)を担任教師が匿うことになり、メイはお礼と称し裸を晒して誘惑、顔に見合わぬ強引なフェラであっという間に中年教諭を射精させる。 2メイがお風呂に無断混浴、乳房を当てフェラ・パイズリで誘惑。 3教師に好意があることを伝えると「内緒」の性交、正常位・対面・騎乗・後背位の後、顔射。それとも向けられたのは彼女の象徴である眼鏡だろうか… 4担任に婚約相手がいることを知ったメイの策略として、NNを強要する。これからもメイとの同棲が示唆されるようなエンディングで幕を閉じる。 総論として、JKの純粋な性愛を丁寧に描いており、セーラー服にデビュー作の初々しい姿を想起させる。まだ色の付いてない芽衣様を見たい(もう無理だが)という願望を果たしたそんな印象である。殊にメイクがナチュラルであることにも僅かながら違和感を感じたが、これが今作品の雰囲気の要でもあった気がしてならない。 例えば、「すっぴん特化」が人気なのは女優様の貴重なoffの姿が見えるからに他ならない。 今後は本人や制作側が描きたい女の子像の作品出演・展開でも勿論良いと思うが、 芽衣様の素材『そのまま』を やはり見たくなるのでどうか御一考頂けたら幸いです。 芽衣様の童顔が故にJKが似合うのは当然で、演じる年代の幅が広いうちに女優をお勤めになられたのは幸運なことかもしれない。 芽衣様の成長の時系列の中で 我々は貴重な御姿をお目にかかれていることに感謝するべきなのだと、改めて感じている次第です。
  • 秒速?センチメートル
    女優はさつき芽衣(サツキとメイ?) 以前は他メーカーでカリスマ専属女優だったために やはり貫禄がありますね。 作品全体のストーリーは悪戯に情感を喚起するもので、 例えるなら、アダルト版新海誠と言えば 多少はイメージは伝わりますでしょうか。
  • かわいすぎ
    意外にメガネも似合うのか まあ裸眼の素が良いけどな 、まとも買いで買うも、やはり風呂シーンのおっぱいあたるところが良いんだよなーこれホントソープの感じで好きオトコのオモチャって感じで献身的で、この抜きやすさ、以前よりも断然に垢ぬけてスケベ度増して好むのもエッチだなあー これオトコ嫌いなのいないでしょ(笑)意外と似合うコス 大学ぽいかと思ったらなんのこっちゃない、意外に映えるので、コスプレもスケベ度増しでエロいなーなんかハマりそうな作品あと、この子以前よりエロさが顔に出てるのかなんか良い 他の作品もみたくなる。
  • セールで購入、大正解。
    セールで購入しました。さつき芽衣さんの作品は初見でしたが最高です。もっと早く観ればよかった。いじらしいJK役を演じきっています。あんなふうに[おちんちん入れて欲しいです]なんて言われたらたまらないです。カレーの調理シーンなど日常シーンとのギャップがますますエロくしていると思います。
  • 先生になりたい
    婚約者がいる先生を好きになった芽衣ちゃんが押しかけ同棲生活するドラマです。 学生が先生との同棲生活は非現実的ですが、先生と生徒の恋は現実的ですので、展開を楽しみに観賞しており、最後まで楽しくい観賞しました。 良かったですね。
  • 地味にかわいい
    ギラギラした感じがなく地味にかわいい。 見れは見るほど、かわいいなと感じる娘です。 シュチエーションも良く、女の子の感じとバッチリあってます。
  • 全編エッチでとても良いと思いました
    垢抜けないけど絶対に磨いたら光る真面目な女子高生像を良くもこうまで丹念に描いてくれたな…… めちゃめちゃ興奮しました……ありがとうございます…… こういう作風なのかは分からないけど、本番中おっぱいがバチンバチン揺れてて「痛そう……痛くないのかな……大丈夫かな……」って心配にしなってしまい映像に集中できないシーンがちらほらあったので、星四で