FANZAサンプル動画

セール中 今日はこのオジサンの言う事をちゃんと聞くんだよ。 東條なつ
父は母が出て行ってから人が変わってしまった。仕事もせず、酒に溺れ…莫大な借金を抱えた。その日を生きるのも精一杯の生活。私が稼ぐしかない。この生活から逃れる為…あの頃の父に戻ってもらう為…。お父さん…いってきます。今日は少し遅くなるからね…。 特集 最新作やセール商品など、お得な情報満載の『ATTACKERS』はこちら!
ユーザーレビュー
平均評価 4.4点
総評価数 5(2件のコメント)
  • 東條なつの肚の据わったビッチ顔にゾクっ!!
    自宅で娘(女高生)に援交させて生計を立てているダメ父親、というよりクズ父親。でも、娘はただイヤイヤ援交している訳ではない。 父親思いの孝行娘という他に、男を作って出ていった色情母の血のなせる業ゆえか、淫行が嫌いではないのだ。だから本作は悲劇と いうより、いろんな意味での『ガチャ』(「親ガチャ」の)がテーマになっているように思える。親身に女高生を心配するように見え て、その実、若い肉体に色目を使う男教師。それは援交の誘惑に負けてしまう男子高校生も同じ。「男はただのスケベな動物」とい う『ガチャ』だ。 一番の見所は女高生が教師を堕とすシーンだろう。「先生、ここから先はもっと(お金が)かかりますよ。援助してくれるんですか」と 言った時の、東條なつの肚の据わったビッチ顔にゾクっとさせられる。男教師(杉浦ボッキ)の、親身な教師の仮面をかなぐり捨てた むしゃぶりつき方も凄い。たた、女高生も快感を得て激しいカラミになり過ぎてしまい、テーマを弱めてしまったように見える。
  • 男の醜さを描いた本格ドラマ
    まあ、よくできたドラマ。特に父親役の男優(ドラマ専門?)の演技が達者で、呆れるくらい醜悪だ。 笑顔を忘れてしまったヒロインの東條なつも素晴らしい。アベもボッ樹もよい。 家のセットもよくできていて、脚本も練られている。助けにきたはずの同級生の本性を露わにして手コキであしらうのがいい(もちろん挿入はさせない) どうせなら「なつ」でやってほしいのだが「秋子」。あまりに胸糞悪い作品のときはあえて役名をつけてるのか? 最近見かけるようになった父親が娘の●春を斡旋してるドラマ作品。手の込んだストーリー作品が増えてきたのは怖さもある。 パコパコだけでは抜けない。心理的な興奮がほしい。のは確かだけども、手放しで絶賛するのは躊躇してしまうジャンルである。 音楽がところどころ心霊番組みたいになるのがやや気になったが、ドラマ性が強いので音楽をつけるのも難しい。 東條なつの代表作のひとつと言っていいのではないか。