FANZAサンプル動画

セール中 声を出せない私6 沈黙に犯●れて 白木優子
夫婦揃って教鞭を執る文子は、転任先で図書委員を担当する事に。ところが引き継ぎの際、前任の田代に犯●れてしまう。静寂に包まれた図書室で、通勤中電車で、研修で訪れた夫の傍で、欲望の赴くまま、田代に犯●れ続ける文子。 特集 ライブチャット 人妻フロアでキャンペーン中!最新作やセール商品など、お得な情報満載の『ATTACKERS』はこちら!
ユーザーレビュー
平均評価 4.32点
総評価数 38(10件のコメント)
  • 久しぶりに興奮する作品に出会った!
    さすがにマンネリ化した作品が多くなってきたアタッカーズの中で、久しぶりに 興奮する作品に出会った感じだ。内容的には「こんなところで・・・」と「あな た許して」を合体したというところだが、2つの作品の良い点をシナリオ化した 上に、オリジナリティを加えたところが高評価!赴任した先の同僚教師に犯●れ 性癖を開花させられていく人妻女教師を白木優子が熱演している。最近は、肌や 体型の衰えを隠せなくなった白木だが、彼女の良さを引き出す演出とそれに応え た演技力がマイナス面を見事にカバーした。見所はたくさんあるが、自宅に相手 夫婦を招き、夫が酔いつぶれた夜、相手の妻が寝ている隣の寝室で犯●れるシー ンは秀逸。そのオリジナルの演出と相まって、とにかく最高に興奮した。これは オススメの作品!
  • 傑作。
    役者がそろうとこうも違うものか…。 細かいところで堕ち方、堕とし方を魅せる。 ストーリー展開もよく、後30分は続きが見たかった…と思わせる。
  • 脚本・演技・演出すべてにおいてハイレベル
    シチュエーション無視で男は全裸、女は半着ばかりのアホなぎらと そのコピーロボット監督の作品にしては珍しく演出が完璧。 状況に応じた着衣と脱衣の使い分けができており、特に公共の場で 男は着衣のまま女に全てをさらけ出させるトイレのシーンは、 男女の主従関係や心理状態まで画的に表現できており素晴らしい。 二組の夫婦が一夜を過ごす後半の演出も隙が無いし、全体を通して 役者の演技も脇役を含め完璧に近い。 あえて難を言うなら生徒の存在感がなく、それが教師らしさを乏しく している点くらいだろうか。 こういう作品が「監修」できるなら、自分の作品でレ●プ時に 男を無条件でいきなり全裸にさせる警戒心も緊張感も感じられない 演出やめてくれませんかね、なぎらさん。
  • 最近のアタッカーズ作品で一番興奮
     おおまかなストーリーは教師をしている夫婦が同じ学校に勤めることになり、夫婦で同じ学校に勤めることは出来ないので前から赴任している夫が転勤になる 妻(白木優子)の引き継ぎを受けた国語教師田代(田淵)の調教が始まる きっかけは電車で偶然、痴●されているところを田代にみつかりそれをネタに図書館で同じように痴●され強引に最後までされる その後は 図書館にて生徒の前で隠れてフェラチオ 電車で軽い痴●プレイ 下着を外して授業をさせる スカートのしたからノーパンを映すところがやらしい 旦那が学校に訪問してきたときにトイレで 家に同じく夫婦で教師をしている田代夫妻を呼んで数々のプレー  最後は図書館で軽いシーン と背徳シーンが多くて興奮します いつもと違って男優側の嫁が出てきたところも良かったです 2時間から30分増えたので最後のセックスシーンを少し短くして図書館でのセックスシーンをもっと伸ばして長い絡みを4つ見たかったです
  • やっぱり白木は被虐感があってイイ!!
    さっそく赴任先の学校の図書室で教務主任の田代からレ●プされる。 生徒がいるからと声を押し殺してフ○ラもなく立位で挿入されてヤラレるところがまずイイ! ノーブラノーパン授業・図書室のカウンター内に隠れてのフ○ラ強要・顔射、 男子トイレでのフ○ラ・個室トイレで隠れてのSEX、 で段々調教にハマっていく様がよかった。 最後に、自宅に招待中の羞恥と夜中、目を盗んでのSEX。 スピードだけじゃない濃厚な絡みと中だしが多かった。 自宅が最後と思ったら、図書室でも・・・ ノーブラはもう少しわかりやすい方がうれしいが。
  • 突き抜けた演技に感動!
     高評価のコメントが並んでいるので、もう多くは言う必要はないが、この作品で見せつけた優子嬢の表現力は鑑賞者の目を奪い、深く感動させる迫力がある。トイレの場面もなかなか優れた演出、演技で興奮させられるが、何といってもハイライトはむろん2対2で迎えた自宅の夜のシーンだが、この興奮度マックスのからみで見せた優子嬢の喜悦と陶酔の官能表現は、すべてのオスの心臓を止めるようなメスの凄味がある。これまで「なかなか見どころのある」熟女優レベルであった優子嬢は、脚本、演出、カメラワークともに優れた本作品によって「見ごたえのある」熟女優に見事に脱皮した。このレベルは、そう簡単にはたどり着けないハイレベルの境地だ。その高みに立った優子嬢のAV女優としての深い覚悟と精進に、熱い拍手を送りたい。
  • いいと思います
    ストーリーも良いいですが、女優の演技が上手く名作だと思いました
  • 優子さんの艶かしさは半端ない!
    「声を出せない私」シリーズは基本喘ぎ声を出さないという事だから、女性の感極まって発する艶かしい声大好きな私には若干物足りないシリーズだ。喘ぎ声を出さないで、顔の表情や女体の悶えの動きだけで表現しなければいけない。抜くにはハードルが高い。特に今回は最初の図書館でのいきなりのレ●プになんであんなに簡単に応じてしまうのか?そして次の日になんであんなに簡単にノーパンでの授業に応じてしまうのか?そして図書館で生徒が近くにいる中で、見られない状況でフェラをさせられ願射させられるのか?それぞれのシーンはもちろんエロくて興奮するが、男の行動も力づくではなくソフトな責めで、いまいち有り得ない感ありありでストーリーにのめり込めなかった。だがその思いは夫が研修で彼女の学校に訪れて身近にいる中で、男にトイレに連れ込まれフェラさせられる場面で改めさせられた。男は静かに女に語りかける。「貴女はおとなしすぎる、もっと自分を解放しなさい、男のチンポをいとおしむようにしゃぶりなさい、もっともっとねっとりと」静けさの中でフェラさせられ続ける。彼女は催●状態の中で洗脳されていくのだ。ようやく納得できた。その途中生徒達が入ってきたことで連れ込まれた個室での男の言いなりに全裸にさせられての交接はエロ過ぎる。しかしなんといっても見所は男夫婦を招いて過ごした夜、男の妻が寝ている隣の部屋での絡み合いだろう。正に声を出せない状況でのセックスは濃密で生唾ものだ。男に責められ喘ぎ声を押さえて、悶えよがりまくる。痙攣しながらの逝かされは言葉に出来ないほどの艶かしさだ。男の妻が隣の部屋の動きに気づいた時、2つの部屋の仕切りが透明になり、交尾する二人が透けて見える演出は見事だ。こんな秀逸な映像美はAVでは見たことがない。もちろん一般の映画でも見ない。素晴らしいの一言だ。そして彼女は完全に男の与える沈黙の中での異常な快感に抗えず堕ちて日常的に犯●れ続けて快楽の沼で溺れていく。
  • 45分ノーカットのファック・シーン
    お勧めは、後半のベッドシーン ほとんどノーカットと思われるセックスの場面が圧巻 白木さんの演技も見事なら(演技に見えないが)、 スローで急がない田淵氏のテクニックにも脱帽 二人は心底この場面を味わっているかのよう 一番驚いたのは、田淵氏がバックから突き刺したまま じっと静止する場面…セックスは若者みたいに スピードとパワーで押し捲ってはだめという好例のよう 彼のテクは、大人のセックスの良いお手本になると 思われます…ぜひご覧あれ
  • 熟女界の絶対的エースの一人・白木優子の最高傑作
    ある作品のレビューで「マドンナの絶対的エース」と称された白木優子。この凌○色の強い作品の名演によって、彼女が当時、マドンナだけでなく熟女界の絶対的エースの一人であることがしっかり印象づけられた。 垂涎ものの美乳は健在ながら、流石にデビュー時よりは顔も裸体も衰えは隠せない。それでも何とも言い難い艶色に満ち魅力的だ。双臀のイヤラシすぎる熟し具合は例えようもなくエロスに溢れている。 彼女には痴女ではなく清楚でお淑やかな人妻役での被虐のヒロインがよく似合う。声を出せない状況の中での静かな凌○と、凌○者の囁く言葉の暗示に、人妻は淫らに、しかしお淑やかな雰囲気そのままに静かに美しく堕ちていく様が圧巻だ。犯○れ堕ちていくその一連の流れ…。驚愕、恐怖、拒絶、嫌悪、汚辱、絶望、悲しみ、快感の発芽、切なさ、逡巡、背徳、染まり、呆け、溺れ、堕ち、恍惚、イク…の、心境と裸身の微妙な変化を、AV女優らしからぬ…いやAV女優にしか出来ない演技を、表情だけでほぼ完璧に演じ分けていく。 この作品は人妻凌〇堕ち寝取り系作品としても、傑作と言っていい出来映えだ。主人公は人妻というだけでなく女教師の設定もあり2重に美味しい上に、痴○や教壇での羞恥漂うシーンを織り交ぜ、その設定を活かしている。支配者たる凌○者は一人で、支配被支配の関係が明確だ。堕ちた後も、痴女化することなく、清楚でお淑やかな雰囲気を保ちつつ、ほぼ受身形ながらも、堕ちたことを示すように、自らハメ入れ愉悦に耽るため腰を動かしてしまうなどの場面もきっちり織り込まれている。そして支配者となった男の妻が襖一つ隔てて眠る隣室での緊迫の性交、男の妻が何時目覚め気づかれてもおかしくない状況でさえ、もう止められない背徳の行いに溺れてハメ狂う人妻女教師の圧巻のラストの絡みは斬新で興奮度満点。 しいて欠点をあげるなら、ファーストレ●プのあとのノーパンノーブラ授業。暗示にかかるようにその淫らな行為に応じてしまうが、もう一責めあった後の方が違和感がなかったと思う。また例えば、ノーブラノーパンを生徒に気づかれ陰口を囁かれながら、気づかれたことに興奮し感じて濡れてしまう等の演出もあれば完璧だったと思う。 また本作を傑作たらしめたのはやはり怪優・田淵の存在。激しさには欠けるものの、爬虫類のごとき無表情でじっくりと獲物である人妻を追い込んでいく様は支配者として申し分ない。